動画配信ビジネスで効率よく稼ぐためのポイントとは

動画配信ビジネスでは、動画を投稿していけば徐々に報酬は増えていきます。
しかし、「もっと効率よく稼ぎたい」と思うのであれば、以下のポイントを押さえておく必要があります。

再生単価を上げる

単価が低くても、再生数が多ければそれなりの報酬にはなります。
しかし、効率よく稼ぐなら、再生単価を上げるべきです。
再生単価は、アカウントによって変わってきます。

初期段階であれば1再生で0.034円、良アカウントと判定されたら0.2円、優良アカウントと判定されたら0.5円以上となります。
再生数が1万だとして、初期段階であれば340円にしかなりませんが、優良アカウントだと5,000円にもなります。

ですから、早めに再生単価を上げておいたほうがよいのですが、そのやり方はシンプルで、「1日に7~10程度の動画を継続して投稿する」「総再生数を上げる」ということをすれば、0.2円まで上げることはそう難しくありません。

ただし、「ユーザーがクリックしたくなるタイトルを付ける」という点が重要です。
動画配信ビジネスでは、クリック率が高い動画を良質なコンテンツと判断していると思われるからです。

トレンドネタを扱う

上述したように、動画をバズらせるにはタイトルが重要なのですが、より効率よく行うなら、トレンドネタを扱うべきです。
「トレンドネタが何なのか分からない」という人もいるかもしれませんが、例えば12月ならクリスマスネタの人気が上がりますし、新商品が発売されたらそれへのニーズも増えます。
こういう物がトレンドネタです。
一過性ではあるものの、上手く使えば効率よく報酬を上げられるので、身に付けておいて損はないでしょう。

再生数が伸びた原因を考える

再生数が伸びた時は、「どのような動画を投稿したのか」「どのようなタイトルを付けたのか」「どのようなサムネイルを付けたのか」「クリック率はどのくらいだったのか」ということを、Excelなどでリスト化しておきましょう。
これを継続することで、「この動画なら、再生数が伸びそう」ということが感覚的に掴めるようになってきます。
また、失敗した場合もリスト化を行いましょう。
「なぜ再生数が伸びなかったのか」「なぜ審査に落ちてしまったのか」など。

現在のところ、動画ビジネスは稼ぎやすい場所ですが、これからはYouTubeと同じく規制が強くなっていく可能性が高いので、そうなる前にいろいろと思考しておくことが、今後の鍵となるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする