ネット副業をするために税金の申告をする必要性

課税対象所得をきちんと確かめてしよう

確定申告といえば毎年2月中旬頃から3月中旬頃に税務署に手続きを行いますが、条件を確かめて段取りを決める必要があります。
課税対象所得は報酬から経費を差し引いた額になり、ネット副業をすると働いていれば年間で20万円で別の収入がなければ38万円になります。ただし、経費は税務署に自分自身で報告する必要があり、領収証を保管して手続きができるように備えることが大事です。基本的に、20万円といえば1ヶ月あたり1万7千円が目安になり、勤務先にバレたくなければ超えないよう金銭計画を立てる必要があります。

正社員として働くときは副業を禁止する企業もあり、就業規則を確かめ内緒でするときはバレないようにしないといけません。課税対象所得は経費が多くかかれば少なくなり、医療費も対象になりうまく利用すると効果的です。

申告を忘れると今後の人生に影響がある

ネット副業である程度の収入があれば確定申告が必要で、忘れないように期日までに手続きを完了させることが重要です。
確定申告は書類に記入して申請をしないといけないためめんどくさくなりますが、忘れると追徴課税で余分に支払うことになります。追徴課税は通常の税率よりも割高になり負担する金額も増え、家計が圧迫されることになるため注意が必要です。
確定申告は会計ソフトを使えば提出する書類を作りやすくなり、手続きがスムーズにできます。働きながらネット副業をして効率よく収入を増やせば便利ですが、確定申告をしないといざというときに困ることを認識することが大事です。

税金は収入の額に応じて納める義務がある

ネット副業は雑所得として扱われ、報酬が発生すると払った企業は税務署に支払調書を提出する必要があります。支払調書は個人の税額を計算するために使われますが、ネット副業をするためにかかった経費に関しては情報がありません。
このため、課税対象所得が20万円を超えなくても経費があれば申告し、税務署にきちんと伝えないと余分な出費が増えます。経費に関する扱いは税務署によって異なり、副業に関連する項目になり事前に確認して手続きを行うことが大事です。

確定申告をするときは会計ソフトを使うと書類をスムーズに作れ、白色申告と青色申告があり最適な方法を選ぶと課税対象所得も減らせます。ネット副業をするときは勤務状況を確かめてきちんと確定申告で税額を計算し、追徴課税をしないよう計画を立てることが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする